FP2級必勝勉強法♪合格のツボ

FP2級合格のカギは「偏りのない取り組み」

 FP2級に効率良く合格するための勉強法、皆さんは知りたくありませんか?

FP2級といえば、今や学生から主婦、会社員、リタイア後の方に至るまで、実に幅広い世代の方が受験を志す人気資格です。

一般的なイメージとしては「比較的簡単」「目指しやすい」といった印象があるようなのですが、それでも合格率は毎回およそ30%程度。10人受けて3人ほどしかうからないとなると、そうそう侮ることは出来ませんね。

このサイトでは、FP2級に合格するための勉強法や、この資格にまつわる様々な噂の検証など、受験生ならぜひ知っておきたい情報をぎゅっと凝縮してお伝えしています。

その前提となるお話として、まずは「FP2級勉強法のカギ」について、簡単に解説しておきたいと思います。

FP2級の勉強法に必要なのは、「バランスの良いインプット&アウトプット」です。

資格の学習ではよく、「とりあえずテキストだけ覚えておけば良い」「過去問さえ解ければOK」といったことを言う人がいますが、FP2級対策としてはこれらのどちらかだけでは不十分です。

知識のみ頭に入れておいても、それを応用できなければ肝心な実技試験では得点につながりませんし、過去問だけを繰り返し解いていても、基本的な知識が抜け落ちていては問題が変われば途端に対応できなくなるでしょう。

よって、FP2級に向けた勉強法としては、「知識の習得にも過去問にも、同じくらい取り組むこと」が重要であるといえましょう。

 

しかしながら、なかなか資格取得に向けた学習に時間のとれない社会人であれば、

「確かにバランスよくやるのが理想だけれど、現実は余裕がなくて偏ってしまう」という方もたくさんいらっしゃることでしょう。

ですが、悲観することはありません。

このサイトでは、忙しい方でもしっかりとこなすことの出来るFP2級勉強法や取り組みのコツなどを、たくさんご紹介しています。

「忙しいから」という理由で諦めずとも、確実に合格を目指せるはずです。

もちろん、ここでご紹介する方法をすべて真似する必要はありません。

やり方は人それぞれですから、情報は参考にしつつ、自分なりのFP2級勉強法を考えてみましょう。

 

資格がとれれば道が開け、確実にあらゆることが変わります。

ぜひ合格を勝ち取るその日まで、ベストを尽くしてみてください!

 
>> NEXT POST >> 完璧を目指さない、「学習のスリム化」という考え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>